ゲームアカウント売買でトラブルを避けるには?

ゲームアカウント売買でトラブルを避けるには?

RMTのことならゲームQ(GameQ)

ゲームのアカウントを売りたいと考えている方に、GameQ(ゲームQ)では実際にRMTサイトでの販売経験ある著者がRMTサイトを利用する際に起こりえるトラブル・詐欺対策を解説した記事になります。RMTサイトを利用しゲームアカウントの売買を行う方は是非参考にしてください!

ゲームのアカウント売買ってそんなにトラブルが多いの?

詐欺師のイラスト

ゲームアカウント売買を行う際に、RMTサイトを介さずに個人間で取引を行う場合、
RMTサイトを介して取引を行うのに比べてトラブルに遭う確率は高くなります。

そのためこの記事ではRMTサイトを利用することを前提とし、その中でトラブルに遭わないための対処法をご紹介致します。

RMTサイトでの取引トラブル回避について

RMTサイトを利用すれば100%安全というわけではありません。
ゲームアカウント売買を行う際は利用者側も細心の注意が必要になります。

・取引相手のレビューをCHECK!

指でチェック

まず、購入したいゲームのアカウントを探します。
お目当てのアカウントに巡り合えたらまずは取引相手のレビューをチェックしてください。

レビューは取引完了しないとつきません。取引相手が安全な相手かを判断するためにもチェックが必要です。

※補足※
新規のユーザーにはもちろんレビューが付いていないため他の要素からの判断が必要になります。
また、新規のユーザーが以前トラブルを起こしたユーザーの別垢の可能性は十分にありえます。
RMTサイトの規約上複数アカウントの禁止や本人確認を行い、取り締まりは行っていますがそれを掻い潜るユーザもちろんいますので注意です。

・他サイトへの誘導には乗らない!

ニヤつく人影

トラブルの始まりは他サイトや個人間取引への誘導です。
RMTサイトが定めていない決済手段で決済がしたい・・・。手数料が高い・・・。
などと取引相手が言い出したら要注意です。そして、相手の言いなりにならずに外部での取引を断るようにしてください。

それでも取引相手が他サイトや個人間取引を持ち掛けてくるようなら
運営に報告と取引相手へキャンセルの旨を伝えるのが一番でしょう。

他サイト・個人間取引への誘導に乗ってしまいトラブルに遭ってしまうと運営側は対処してくれません。というより、事実確認ができないため対応ができないようです。

また利用規約に背いているため相手にもされない可能性もあります。

・支払いの確認が取れていないのにアカウント情報を教えない!

沈黙

これはアカウントを販売する際の注意点ですが、出品したアカウントに対して購入者が現れ取引が始まると、取引チャットが開設されます。その後、購入者は代金の支払いを行います。この際、購入者が「支払いました!」と発言したとしても、まだアカウント情報は渡してはいけません。

購入者の入金に関してはRMTサイト運営者側がチェックを行っております。
そして、運営者側で入金の確認が完了すると取引相手とのチャット内に運営よりメッセージが届きます。

運営からのメッセージが届くまでは本当に入金がされているかはわかりません。
そのため、購入者の発言を真に受けてホントは入金されていないのにアカウント情報を渡してしまい、アカウントを盗まれたユーザーがいるようです。

まとめ

ここまで読んでいただきありがとうございます。
ここまでに記載した内容が著者が考えるRMTサイトを利用する際に注意する点です。

各RMTサイトで禁止事項として明記していますのでサイトを利用する際は確認してみるのがいいでしょう。個人的に見やすかったのがゲームクラブ不正者排除の取り組みでした。
ゲームクラブはまだリリース間もないサイトですが、運営がRMT.clubと同じ会社のため、
RMT.clubのノウハウを活かした運営対応が期待できるかもしれません。

ゲームアカウント売買(RMT)のやり方カテゴリの最新記事